不動産担保ローン借り換えして利息を節約

不動産担保ローンは低金利・高限度額でまとまった融資を受けて
長期間で返済していくときによくご利用されています。
消費者金融などの無担保ローンより金利が低い理由は、不動産を担保として入れているからです。

不動産を担保にしているので金利が低くできる

お申し込んだ方の信用力や担保に入れる不動産の価値によってご利用限度額が決まります。
教育ローンや住宅ローンのように使いみちがあらかじめ決まっているローンと違って、
不動産担保ローンは借りたお金の使いみちは自由です。

住宅ローンなどは総量規制対象外

自宅を除く不動産担保ローンの場合は、借入総額が年収の3分の1を
超えてはならないという総量規制の対象外で、
制限を気にすることなくご利用することができます。

不動産担保ローン借り換えすることで利息の負担を抑える効果を得られます。
複数の金融機関などからお金を借りていている場合は、
不動産担保ローン借り換えして節約すると良いです。

返済が滞ると、担保を差し押さえられたりします。返済計画がとても大事

ローン借り換えされたときは不動産を担保に入れている分、
返済に困らないようにきちんと計画を立てることが大切です。
もし返済を延滞してしまうと担保に入れた不動産が差し押さえられてしまう可能性があります。
不動産の価値が下がった場合は追加担保を要求されることがあります。
バブル崩壊から不動産の価格の下落傾向が続いているので注意が必要です。
一括返済されると解約違約金の発生があることがあります。
不動産担保ローン借り換えされるときは、一括返済すると解約違約金が発生するかどうか、
不動産の価値が下がった時は追加担保が必要かどうか、よく確認してからご利用されると良いです。

キャッシング Contents

住宅ローンについて